2016年3月12日土曜日

JBJJFランキングを考える


先日、JBJJFランキング2016最新ランキングが公開されました。

JBJJFランキング2016
http://jbjjf.blogspot.jp/2016/03/jbjjf2016.html



まだ始まったばかりと言うこともあり、差があまりありませんが。。。
今年から特筆すべき箇所が何点かあります!


全順位が閲覧可能に!

最初は気づきませんでしたが、JBJJFfacebookでの記事で発見!
なんと今年から下記ページにて全順位の閲覧が可能に!!

JBJJFランキング2016全順位
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1dEwstxiQTxVsWn2PtgSUw50GR9yR_UbMZaUv3YsXuhk/edit?usp=sharing

現時点ではまだ2大会のみの為、人数が少ないですが、終盤になってきたらどのくらいの人数に増えていくのか?選手としては例え順位が下だったとしても掲載されていると嬉しいもの!前半戦の大会であれば人数も少ない為、上位に食い込む可能性も!「俺さぁ~今年の前半だけど、日本ランキング◯位だったんだぜ~」と親や友人に自慢することも(笑)


ポイント付与がメダル同様、IBJJF方式に!

今年よりJBJJFはメダル授与基準がIBJJFと同様に、4人までのカテゴリーには、すべての選手にメダルが授与されております。つまりワンマッチトーナメントで負けたとしても銀メダルが授与されております。

昨年までは2人トーナメントの場合、勝った(優勝)選手しかメダルがもらえなかったのが、今年からは勝った(優勝)選手に金メダル、負けた選手にも準優勝として銀メダルが授与されるようになっております。もちろん3人トーナメントの場合、金・銀・銅。4人トーナメントの場合、金・銀・銅2人に。

同様にJBJJFランキングポイントも大会ごとのポイント付与基準によりますが、例え負けたとしてもポイントが付与されることになっております!

例えば関西柔術オープンの場合、JBJJFランキングポイント付与基準は「その他のオープントーナメント」に当たるため、1位4ポイント、2位2ポイントが付与されます。

なので例えワンマッチトーナメントで負けたとしても2ポイントがゲット出来る計算となります!昨年でさえ最後は大混戦となっておりましたが、今年はこれによりさらに大混戦となる可能性が出てきたことなります!!


まとめ

以上のことを考えていくと、春にかけて大会数、さらに高ポイント大会が増え、参加者人数も多くなっていくことが予想され順位大混戦が予想されます。だからこそ逆にポイント付与が低い大会でも確実にポイントをゲットすることが大混戦から一歩抜き出るチャンスだと思われます。


2016年3月7日月曜日

第9回関東柔術オープントーナメント、第2回全日本チーム対抗柔術選手権、本日二次締め切り!


3月21日(祝・月)BUMB東京スポーツ文化館にて開催される『第9回関東柔術オープントーナメント』『第2回全日本チーム対抗柔術選手権』の2次締切が本日3月7日までになっています。連盟のカードなしで出られる大会で、一般枠ならば今日ならば”階級別6000円!”。

既に茶帯、黒帯選手も続々エントリーが始まっています。特にJBJJFランキング2015で黒帯10位以内、茶帯・紫帯5位以内の選手は出場費無料! という事で出てみるのはどうでしょうか?

アサダ・トシオ選手、吾妻エメルソン選手など実力派が揃います。総合で活躍する不良先輩も白帯に参戦! 若手の紫帯・東海政太郎選手にも個人的に注目しています。

大会要項・参加申込は下記大会ページにて。

第9回関東柔術オープントーナメント
http://www.jbjjf.com/tournament/2016/kt_op9.html

第2回全日本チーム対抗柔術選手権
http://www.jbjjf.com/tournament/2016/team_ch2.html


http://www.jbjjf.com/tournament/2016/kt_op9/entry_list2.htm