2015年12月16日水曜日

足関10段・今成正和選手のセミナーin埼玉県入間市

ちょっと期間が空いてしまいましたが、先月末に行われた足関10段・今成正和選手のセミナーを、GRABAKAの黒帯・神田崇広さんがレポートを書いてくださいました。もちろん教えるのは、“衣”を着た状態での技の数々! もちろん、足関もあり! 以下、神田選手のレポートです。


 足関10段・今成正和選手のセミナーin埼玉県入間市

BJJPLUSをご覧の皆様こんにちは、GRABAKA柔術クラブの神田崇広です。
今回は11月28日(日曜)、埼玉県入間市で開催された今成正和さんのスペシャルセミナーに参加してきたので、レポートを書かせて頂きます。 

主催するのは、元々DEEP道場で今成さんい指導されていた池田和義さん。



自分の地元の練習仲間でもあります。 「地元でこういったセミナーの機会もあまりなく、また地元で活躍する選手が少しでも強くなれる手助けができれば」 という思いから実現されたものです。

自分もNO-GIやグラップリングの試合に出る方なので、柔術家の中では足関技が得意な方だと自負していましたが……。今成さんとのスパーでは毎回のように極められてしまいます。(セミナーの6日前にも練習して極められました……)。

 茶帯以上の選手にとっては、足関節は攻守において欠かせない技の一つです。まさに今回のセミナーは打って付けと言えるでしょう。 まずセミナーで最初に行ったのは、シッティングガードからの膝十字です。 今成さんの得意なスライディングからな足関(いわゆるイマナリロール)の基礎的な入りでした。

 

 この技は僕自身も得意としていましたが(手前味噌ですがワールドノーギでも極めました笑)、 ディテールが違いました! 

頭の位置など気にしていなかった点まで考えられていて流石だなぁと感心。その後は50/50からの膝十字とその連携。これは知らない技。目から鱗でした。 

そして比較的最近得意になったという(意外!)アキレス腱固めの様々なバリエーション。体の使い方や手の置き方などこちらも細かい点を教えていただきました。
(野武士さんで行った授業の動画。これも凄い!)

 みんな今成さんに試しに技をかけてもらっていましたが、皆悶絶。しかし不思議と嬉しそうでした笑 質疑応答の後は3分回しのフリースパーリング。

今成さんもひっきりなしにスパー。 滅多にない機会ということで皆さんどんどん挑んでましたね。 翌日地元のサークルの練習に参加したのですが、セミナーに参加した人は皆アキレス腱固めを狙っていました。

 このようなトップ選手のセミナーを、地元で体験できるのは本当に嬉しいことです。 主催した池田さん、協力して頂いた今成さんには感謝です。

2015年12月14日月曜日

る『第5回全日本ブラジリアン柔術オープントーナメント』の最終締め切り日


本日は12月23日 (水曜祝日)に行われる『第5回全日本ブラジリアン柔術オープントーナメント』の最終締め切り日です!

 大会に使用されるロゴは“旧JBJJF”のマークで、これはかつてパラエストラ主催で伝説と言われた大会“カンペオナート・ジャポネーズ・アベルト”を意識したものですね。数少ない”全日本”の称号をかけた戦いになり、メダルも写真をご覧のように日本地図が描かれております!

今年を締め括る大会として、出場を検討してみては?
2015/12/15までに申込された
JBJJF会員:7000円(階級別のみ)
JBJJF会員:8000円(階級別&無差別級)
一般:8000円(階級別のみ)
一般:9000円(階級別&無差別級)

詳しい登録方法はJBJJFさんHPへ!
http://www.jbjjf.com/tournament/2015/all_op5.html