2015年10月30日金曜日

【GI 2015】第一戦を去る金古一朗 「僕が勝ててしまうような柔術界であってほしくない」

MMAPLANETさまで以下記事を書かせて頂きました。

【GI 2015】第一戦を去る金古一朗 「僕が勝ててしまうような柔術界であってほしくない」

http://mmaplanet.jp/51645

金古さんのシュラプネル柔術アカデミーは、11月1日(日)にオープンしています。

オープン記念!2015年12月末まで、入会金0円キャンペーン実施中とのことです。

29歳から柔術を始めて、僅か5年で黒帯を取得した柔術界きってテクニシャンの技術、是非一度体験を。
http://shrapnel-bjj.com/

2015年10月29日木曜日

『トライフォース×グラスコ×デラヒーバジャパン×グラバカ キッズ交流戦』レポート

ブラジリアン柔術のジムは年々増えてはいて、習い事の一つとして“柔術”を選ぶ親・子供も増えている印象があります。練習の発表の場である“試合”ですが、なかなか大人も出場する一般大会ではエントリーしても成立しずらい。JBJJFでは『全日本キッズ選手権』という子供専門の大会を行ってはいますが、それも年1~2回程度。

やはり大会、試合という目標があれば子どもたちの練習に見も入るし、指導者も今後の指導方針の役にたつはず。そこで道場同士の“キッズ交流戦”も増えてきています。今回は10月25日(日)に、トライフォース池袋にて行われたキッズ達の交流戦の模様を、グラスコ柔術アカデミー代表の桑原先生がレポートしてくれました!

『トライフォース×グラスコ×デラヒーバジャパン×グラバカ キッズ交流戦』


グラスコ柔術アカデミー代表の桑原と申します。

今回は10月25日、日曜日にトライフォース池袋にて、友好団体によるキッズ達の交流戦の模様をお伝え致します。


以前にも行われた今大会はブラジリアン柔術ルールながら安全に配慮してのノーサブミッションマッチが特徴で、帯やストライプ、年齢や体重により対戦相手を決めるという形を採用しております。
今回はトライフォース五反田さんの主幹で、試合はワンマッチ形式で全32試合が開催されました。


どの試合もいきなりトップギアに入るような熱い試合が多く、見ている私や他の黒帯や茶帯の先生方も一様に凄い!面白い!と話されていました。


そして単に試合が素晴らしかっただけでなく、審判や対戦相手に対しての挨拶がしっかり出来ていたり、マナーの守られた応援や観戦態度も素晴らしく、初めて観戦された方もとても気持ちよく観戦できたと話されていました。

以下は今大会の表彰者です。


MVP
トライフォース五反田
高田大護(たかだ だいご)

ベストバウト
トライフォース池袋
長谷部旭(はせべ あさひ)
VS
グラスコ
内野亮紘(うちの かつひろ)

最短勝利(上位3名)
グラバカ
安田空司(やすだくうじ) 55秒

トライフォース五反田
稲葉遥飛(いなばはると)
1分10秒

トライフォース池袋
野田李音(のだ りおん) 1分22秒

なおMVP、ベストバウト、最短勝利のキッズ達には、今大会に協賛頂いた、BADBOY様より商品が贈られました。

また、今大会は初めて試合を観戦する保護者の方や初めて試合に出るキッズのため、ルール説明も行われ、保護者の方々には好評を頂きました。

私も含め各道場の先生方がレフリーやスタッフを引き受けましたが、公式戦ではないので、その場からキッズ達を応援でき、後でキッズ達から声がよく聞こえた!と喜んでもらえました。この辺りは交流戦ならではですね。

キッズの大会は試合の勝ち負けも大切ですが、試合で何を得てそこからまた練習できるか?が最も大切だと個人的には考えております。


今大会はそんなキッズ達の修練の場として最適ではないかな?と言うのが私の素直な感想です。

今後も不定期ながら継続したいと考えております。


大会に関わりました皆様、ご協力ありがとうございました!

2015年10月26日月曜日

「第8回東北柔術選手権」二次締切は“本日”まで!! 

11月8日、宮城県仙台市青葉・仙台市武道館で開催される「第8回東北柔術選手権」。

二次締切は“本日”まで!! エントリーリストは随時更新されており、参加延べ人数は120人は越えています。

さらに全日本選手権団体日本一にも輝いた「DRAGON'S DEN」から代表・澤田真琴さん、茶帯ルースター級で中村洋介選手、紫帯ライト級に山田洋平選手、紫帯ルースター級に高橋翔選手ら国内トップクラスの選手が遠征参戦! 



■エントリーリスト
http://www.jbjjf.com/tournament/2015/thk_ch8/entry_list2.htm


二次締切は本日まで!
http://www.jbjjf.com/tournament/2015/thk_ch8.html


2015/10/13までに申込された方JBJJF会員:4000円(階級別のみ)
JBJJF会員:5000円(階級別&無差別級)
一般:5000円(階級別のみ)
一般:6000円(階級別&無差別級)
2015/10/26までに申込された方JBJJF会員:5000円(階級別のみ)
JBJJF会員:6000円(階級別&無差別級)
一般:6000円(階級別のみ)
一般:7000円(階級別&無差別級)
2015/11/2までに申込された方JBJJF会員:6000円(階級別のみ)
JBJJF会員:7000円(階級別&無差別級)
一般:7000円(階級別のみ)
一般:8000円(階級別&無差別級)

2015年10月25日日曜日

12月6日(日曜日)開催。IF-PROJECT主催「ヒカルド・デラヒーバ杯2015」一次締め切りは26日(月曜日)まで!


12月6日(日曜日)、光が丘ドームで開催されるIF-PROJECT主催「ヒカルド・デラヒーバ杯2015」の一次締め切りが、26日(月曜日)までと迫っておりますよ! 26日までならば、JBJJF会員は4000円、一般は5000円(無差別出るならばプラス1000円)。

さらに10月4日に行われた「ホーウス・グレイシー杯2015」に出場した選手は、大会当日に1000円キャッシュバック!!26日まで実質、JBJJF会員3000円!一般は4000円!!

まだ最終締め切りまでは一ヶ月ありますが、既に多くの選手が参戦。この大会に重きを置く柔術家が多いのか、はたまた師走前に一勝負してやるぜ!感なのか、はたまた団体優勝を狙ってチーム一丸となって勝負してくるのか?!

随時更新されるエントリーリストには……
http://www.if-pro.com/taikai/copa-delariva/2015/el.txt
黒帯では坂本純選手(トライフォース柔術アカデミー)やら茶帯強豪! さらに白帯ではマスター6の選手もおります。マスター6って……55歳以上ですね。

大会要項は以下、公式サイト
http://www.if-pro.com/taikai/copa-delariva/2015/index.html

申し込みは以下からどうぞ!(リンククリックすると、IFさんの登録ページに飛びます)

 団体一括オンライン申込>>>

 団体一括現金書留申込>>>

 個人オンライン申込>>>


 個人現金書留申込>>>


スケジュール/Schedule:

10月26日(月)1次締め切り
11月24日(月)2次締め切り
11月27日(金)最終締切
11月30日(月)13:00PM~12月2日(火)11:00AMカテゴリー変更期間(1人トーナメントの方のみ)
12月2日(火)13:00PM~12月3日(水)23:59PMキャンセル期間(1人トーナメントの方のみ)
12月4日(金)エントリーリスト確定※確定後は変更が出来ませんのでご注意ください。
12月6日(日)大会当日
※怪我などによる欠場は期限を問わずinfo@if-pro.comまで、お早めにご連絡ください。