2013年11月2日土曜日

【アジアオープン2013】アダルト黒帯フェザー級トーナメントレポート

先の全日本ブラジリアン柔術選手権で初の日本王者になった塚田市太郎選手(ダムファイトジャパン)。副賞の「世界柔術2014への航空券」まで手に入れるなど、今年日本でノッている柔術家と言って間違いなさそうです。そんな塚田選手が出場したフェザー級は、アジアという舞台ながらエントリー数は4名と少々寂しいものに。ワールドマスシニが近かった事も影響したようですね。ただトーナメントはアジアオープン2010の無差別王者・荒牧誠選手(香港柔術)、福昨年の世界柔術でアダルトフェザーベスト8の小山貴之選手(福住柔術)と曲者揃い!! そんなフェザー級のレポートをお届けします。

アダルト黒帯フェザー級準決勝 
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)VSジュリアン・ロビン(グレイシーバルセロナ)
全日本王者・塚田選手は一回戦で2012年ヨーロピアン選手権アダルト茶帯例とフェザー級を制した強豪ジュリアン・ロビンと激突。引き込んだジュリアン選手はいきなりスイープで先制!! ポイント0-2。

これが世界の実力か、と観ているコチラも一瞬焦りましたが、塚田選手もお返しにスイープ決めて同点。これでエンジンが掛った塚田選手は得意のトップポジションから攻め続けて7-2の完勝! 決勝進出です。


アダルト黒帯フェザー級準決勝 
荒牧誠(香港柔術)VS小山貴之(福住柔術)
引き込んだ小山選手が早々にスイープを決めて先制するも、荒牧選手もお返しに膝を抱えるスイープ。ここから荒牧選手はトップから攻め続けてアドバンテージを得て、2-2ながらアドバン差で勝利。

アダルト黒帯フェザー級決勝 
塚田市太郎(ダムファイトジャパン)VS荒牧誠(香港柔術)
互いに距離を取り組み合わない展開が続きます。そして中盤過ぎにトップを得意とする塚田選手から引き込み!! これに荒牧選手は何度かパスをトライ。若干荒牧選手が優位な印象があり。


再度共に立ち上がり様子見。荒牧選手が前後左右にステップを踏みまくる独特の動きを見せ、観客から「いいぞー、よく解らないけどいいぞー!」の声があがります。しかし終盤、荒牧選手が引き込むか一瞬迷ったところを塚田選手が合わせるようにテイクダウン! これが決めてになり2-0で塚田勝利! 見事に全日本選手権に続き、アジアオープンも制しました。

BLACK / Adult / Male / Feather
First - 塚田市太郎(ダムファイトジャパン)
Second - 荒牧誠(香港柔術)
Third - Julien Robin Gaillard - Gracie Barcelona
Third - 小山貴之(福住柔術)

(写真提供:JBJJF広報部)

2013年11月1日金曜日

【アジアオープン2013】アダルト黒帯ライトフェザー級トーナメントレポート

黒帯カテゴリーの中で、一番選手が多く賑わったのがライトフェザー級。この階級を主戦場とする山田秀之選手(デラヒーバジャパン)、平尾悠人選手(X-TREME柔術アカデミー)の若手黒帯に、階級を落としてきた加古拓渡選手(GSB)、 中塚靖人選手(リバーサルジム新宿Me,We)、ベテランの山田悦弘選手(ポゴナ・クラブジム)、海外勢も加わり全8名のエントリー。誰が勝ち抜くか予想が難しいトーナメントでした。そんなアダルト黒帯ライトフェザー級のレポートをお届けします。


アダルト黒帯ライトフェザー級一回戦 
山田悦弘(ポゴナ・クラブジム)vs前田久博(ストライプル)
引き込んだ山田選手が、試合開始早々にお手本のように美しい得意の“ホレッタ”を決め先制。再度引き込み直してから、場外際で下から腕十字を決めて一本。準決勝へ。

アダルト黒帯ライトフェザー級一回戦 
加古拓渡(GSB)vs物河祐亮(X-TREME柔術アカデミー)
物河選手はベリンボロを序盤は対策するも、攻勢にで出てるのは加古選手。何度も何度もベリンボロを挑戦し、2回スイープで上になりポイント4-2で勝利。

アダルト黒帯ライトフェザー級一回戦 
山田秀之(デラヒーバジャパン)vsジョルディ・ジーン・アントン・ピート(グレイシーバッハ)
日本の若手黒帯で一歩リードしていた山田選手がヨーロピアン2012でルースター級3位の実力者・ジョルディ選手と一回戦で激突。引き込み合いのダブルガードから山田選手がアドバンテージを得て先制。無尽蔵なスタミナで山田選手は動き続けパスを狙うも、ジョルディ選手のガードもなかなか手ごわい。そして終盤にジョルディ選手のスイープを狙い、これは失敗するもアドバンテージ1で同点。その後もジョルディ選手が攻め続け、後半の猛反撃の印象でレフリー判定、ジョルディ選手の勝利に。

アダルト黒帯ライトフェザー級一回戦 
中塚靖人(リバーサルジム新宿Me,We)vs平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー)
 中塚選手と言えば足関節。この試合でも引き込んみ足をロックし、平尾選手が得意とする回転ガードに持ち込ませず試合を支配。レフリー判定で勝利。

アダルト黒帯ライトフェザー級準決勝 
加古拓渡(GSB)vs山田悦弘(ポゴナ・クラブジム)
両者は昨年末のDUMAU JAPAN CUP 2012でも対戦済み。その時はポイント同点ながら山田選手がレフリー判定で辛勝したが、今回もベテランらしい老獪な試合運びで加古選手のベリンボロに持ち込ませず。アドバンテージ1を得て7分まではリード。このまま終了かと思いきや、ダブルガードから加古選手がアンクル!! これがガッチリ決まって山田選手がタップ!! 加古選手がリベンジ成功で決勝へ。

アダルト黒帯ライトフェザー級準決勝 
中塚靖人(リバーサルジム新宿Me,We)vsジョルディ・ジーン・アントン・ピート(グレイシーバッハ)
 ダブルガードの攻防が続き、互いに足関を狙う展開。中盤から徐々にジョルディ選手がデラヒーバ、フックスイープを狙うなど動きをみせて、ポイント0-0ながらレフリー判定でジョルディ。

アダルト黒帯ライトフェザー級決勝 
加古拓渡(GSB)vsジョルディ・ジーン・アントン・ピート(グレイシーバッハ)
 試合開始10秒程度でいきなり加古選手のベリンボロが炸裂!! あっさり決まったのでワンサイドゲームになるかと思いきや……。

 逃れたジョルディ選手が上になり4-2。さすがヨーロピアン3位の実力は伊達じゃありません。

ポイント6-4で加古選手がリードし、ジョルディ選手が猛追をみせて残り1分。最後のひと踏ん張りで加古選手が再度ベリンボロを仕掛け、しっかり凌ぎきり勝利!! アジア一の栄冠に輝きました。加古選手は難敵揃いのトーナメントを制し、テクニック面で一本先を行くことを証明しました。ライトフェザー級で来年世界でどう戦うか、注目ですね。

BLACK / Adult / Male / Light Feather
First - 加古拓渡(GSB)
Second - Jordy A. Jean Antoon Peute - Gracie Barra
Third - 中塚靖人(リバーサルジム新宿Me,We) 
Third - 山田悦弘(ポゴナ・クラブ)

 (写真提供:JBJJF広報部)
------------------------------------------------------------------------------
『BJJ PLUS』開設記念、Tシャツプレゼント第二弾を行います!! 応募方法は、『BJJ PLUS facebookページ』にいいね!を押すのみです。既に“いいね!”を押している方も、もちろん含まれます。さて、気になるTシャツは「ADCC2013オールスターサイン入り」です!!


【まずはADCC2013 各階級優勝選手 -66kg優勝:フーベンス“コブリンヤ”シャーレス、-77kg優勝:クロン・グレイシー、-88kg優勝:ホムロ・バハル、+99kg優勝:マーカス“ブシャシェ”アルメイダ、女子-60kg優勝:ミッシェル・ニコリニ、女子+60kg優勝:ガヴィ・ガルシア、写真はありませんが無差別級優勝のホベルト・サイボーグも!】



【さらにジョアオ・ミヤオ、キーナン・コーネリアス、オタービオ・ソウザ、JTトーレス、佐々木憂流迦、ヒカルド・ヴィレイラ、ルアナ・アズギエル、マリオ・スペーヒーまで!】

強烈なメンツ過ぎて正直プレゼントにしたくないほど、転売したら3万くらい出して買う柔術家はいそうですね。応募方法は先程お伝えしたとおり、応募方法は、『BJJ PLUS facebookページ』にいいね!を押すのみです。既に“いいね!”を押している方も、もちろん含まれます。ご応募お待ちしております。