2013年10月12日土曜日

あの植松直哉がマンガに!&柔術紫帯の漫画家・やざま優作先生インタビュー

既にご存知の方も多いと思いますが、格闘技漫画『拳獣』、格闘Kマガジンて連載していた格闘技エッセイ漫画『格闘絵日記』で知られる漫画家・やざま優作さんが、実在する柔術家・グラップラーの自伝的新シリーズを発表!! 第一弾は日本屈指のグラップラー&柔術家で、ブラジリアン柔術&MAAスクール『ネクサセンス』代表の植松直哉さん!! 何故、植松選手の半生を漫画にしたのか、また、柔術紫帯という興味深い経歴を持つやざま先生に今回BJJ PLUSでインタビューを行いました。
--まずやざまさんの格闘技経歴、漫画歴を教えてください。
やざま優作先生(以下、やざま) 柔道初段、柔術紫帯で、所属道場はアンプラグド国分寺です。昔は打撃とかも遊びで少し噛りましたが、最近はもっぱら組み技の練習をすることが多いです。
漫画家としては最近まで「週刊実話ザ・タブー」誌で格闘技漫画「拳獣」を連載してました。あとは原作のみですが、盲目の組み技師のが主人公の「極王」(単行本全1巻)もあります。

--何故、植松選手で漫画を描こうと思ったのでしょうか?
やざま 題材が“実在する組み技系格闘家列伝”に決まった時、やはり日本屈指のグラップラーである植松さんしかないと思いました。私が通っている道場の先生も植松さんと親しかった関係もあり、私も前々から出稽古させ頂き、その強さ、その人柄の良さもしっかり体感していたのが大きかったですね。現在も植松さんの道場「ネクサセンス立川道場」も近所なので時々お邪魔しております。

--男さえも惚れさせる、植松選手の魅力は何処にありますでしょうか?
やざま 格闘技面に関して言えば、組み技だけに限定しても強いのは勿論。その技術を総合に生かした戦いを常に研究・実践していってる点、そしてなんと言っても強烈な極め力を持ってるところだと思います。さらに指導者として素晴らしく、技のポイントを的確に、細やかで、解りやすい。行くたび勉強になることが多いです。

--「組み技師列伝 極人・植松直哉」の注目して欲しいというポイントはありますでしょうか?
やざま 全3回の構成で1話がプロデビューにいたるまで、2話が格闘人生最大の敵との戦いを描いています。最終3回はもうすぐ完成しますが植松さん自身が今でも印象に残っている試合を中心に描いています。柔術の試合です。

--今後の作品予定はございますでしょうか?
やざま 現在決定しているのはねわざワールドの大賀さん、トライフォースの早川さんです。描きたい寝業師はいくらでもいるのですが、なかなか進まいのがもどかしいです。電子書籍は最初の手続きとかが多少面倒だったりしてまだまだ浸透してないのですが、是非とも応援よろしくお願いします!

やざま優作先生の『組み技師列伝 極人・植松直哉』は以下ページで購入できます!
電子書籍サイト『パブー』内、やざま優作ページ
http://p.booklog.jp/users/keizoyazama
 一話たったの50円という激安価格! 





2013年10月11日金曜日

山田秀之(デラヒーバジャパン)VS江崎壽(パラエストラ札幌) IF-PROJECT主催『Professional JIU-JITSU Ground Impact REVIVAL』

『Professional JIU-JITSU Ground Impact REVIVAL』の第二試合では、共に将来の日本柔術界を背負うであろう若手黒帯の対決が実現した。躍動的な動き、質の高さが持ち味の山田秀之選手(デラヒーバジャパン)に、普段はルースター級で試合する北海道の雄・江崎壽選手(パラエストラ札幌)との一戦。契約は64kg以下のライトフェザー級で、試合時間は6分です。

大好きなももいろクローバーZの楽曲で入場した山田選手。ポップな曲調とは裏腹に、顔は気合充分。

試合は引き込みあいから、ベリンボロ合戦へ。共にくるくる回りながらも、ポイントは互いに与えず。

中盤、上になった山田選手がダッシュ力の高い強烈パスを仕掛けますが、江崎選手もインバーテッドガードで防ぎます。

そして後半に再度パスを狙った山田選手が、そのままバックへ。完全に入りきらず腕十字に流れ、下になって足を狙いに来た江崎選手に立ち上がりスイープ。2ポイント先制!

逆転を狙う江崎選手はスパイラルで崩しますが、山田選手は即座に立ち上がりポイントにはならず。最後に足関節を狙うもタイムアップ!

ポイント2-0(アドバンテージ3-2)で、若手黒帯対決は山田選手に軍配は上がりました。負けたとはいえ、江崎選手もライトフェザーで戦える技術の高さを魅せつけました。
(写真提供:IF-PROJECT)

2013年10月10日木曜日

新明佑介(トライフォース柔術アカデミー)VS鶴屋浩(パラエストラ千葉)IF-PROJECT主催『Professional JIU-JITSU Ground Impact REVIVAL』

『Professional JIU-JITSU Ground Impact REVIVAL』第3試合は、今年黒帯昇格してスグに『Gi East』で無差別級王者となった新明佑介選手(トライフォース柔術アカデミー)に、過去幾度なく戦った鶴屋浩選手(パラエストラ千葉)! ブラジル遠征も共にした“戦友”でもある二人が、プロ柔術のマット上で久々に対峙。黒帯無差別級、試合時間は6分です。

 さらっと出場した鶴屋選手に対し、新明選手は“鳥人”の愛称を持つだけに、華麗な空中殺法でお馴染みのミル・マスカラス風の衣装で登場です。マスカラスは「千の顔を持つ男」だけに、新明選手もオーバーマスクを観客に投げ盛り上げます。



花束贈呈では鶴屋選手と親交があるというプロレスリング・ノア所属のKENTA選手が登場! 最後までプロ柔術を鑑賞してました。

 試合開始。観客が期待するのは、鳥人・新明選手の空中殺法です。しかし、なかなか飛びそうで飛ばない新明選手。フワっとジャンプするフェイントからタックルするも、鶴屋選手に防がれます。

立ち技勝負が続いた後に、中盤、新明選手が飛びついて引き込みます。

クロスに入ってしまった鶴屋選手ですが、キープ力が高く新明選手の揺さぶりに動じず。しっかり足を捌きパスを狙い、逃れた新明選手のバックを奪い4ポイント! 

この4ポイントでタイムアップ。ポイント4-0(アドバンテージ4-0)で鶴屋選手が勝利。黒帯の先輩としての実力を見せつけました。

 (写真提供:IF-PROJECT)

2013年10月9日水曜日

プロ柔術『MATSURI~第5戦~原点回帰』全カード決定!

関西発のプロ柔術『MATSURI』。2010年2月21日産声をあげた同大会は、過去にも宮本泰弘選手(柔専館)、吉岡広明(パラエストラ和泉)など関西柔術界を代表する重鎮選手を筆頭に、元DEEP王者・三島☆ド根性ノ助選手、UFCファイター手塚基伸選手、ストラッサー起一選手ら有名総合選手も柔術衣を着て参戦。柔術家だけでなく、格闘技ファンさえも魅了するカードで話題になっています。

2013年10月20日(日)に行われる第5回大会も既に発表されていますが、メインカードはアダルト黒帯レーヴィ級 杉江“アマゾン”大輔(SAD) VS 岩崎正寛(CARPE DIEM)! 岩崎選手と言えば若手黒帯のトップを走る存在であり、得意のハーフガードからのスイープで数多の全日本王者を破っています。対するご存知、アマゾン選手は柔術復帰後10ヶ月で先日の第14全日本ブラジリアン柔術選手権で階級&無差別の2冠達成など、その強さは鬼神のごとし。共にパワーにも技術にも優れるだけに、一体どういう戦いになるか全く予想できません。

第1試合アダルト紫帯プルーマ級
島田隼男(G-FREE) VS  オ・ヨンチェ(TRUST KOREA)

第2試合アダルト紫帯ペナ級
高木翔太(柔真會) VS ヴァンデルレイ・タカサキ(IMPACTO BJJ)

第3試合マスター紫帯ペナ級
江島孝一郎(総合格闘技道場コブラ会) VS  原 晃(吹田柔術)

第4試合アダルト紫帯レーヴィ級
極悪!!サカモン(総合格闘技道場コブラ会) VS ホブソン・タンノ(IMPACTO BJJ)

第5試合アダルト紫帯73kg契約
古谷裕樹(G-FREE) VS  白石勝紀(グレイシーバッハJAPAN)

第6試合マスター茶帯プルーマ級
善本秀文(水戸道場) VS  竹中伸男(吹田柔術)

第7試合アダルト茶帯プルーマ級
中西昭登(G-FREE) VS  濱野武士(ポゴナクラブジム)

第8試合アダルト茶帯プルーマ級
宇原浩一(NR柔術) VS  岩見充浩(徳島BJJ)

第9試合アダルト茶帯プルーマ級
手塚基伸(総合格闘技道場コブラ会) VS  橋本知之(徳島BJJ)

第10試合アダルト茶帯メジオ級
越野圭吾(K`zFACTORY姫路) VS  南一成(K-MASL)

第11試合アダルト茶帯レーヴィ級
世羅智茂(GROUND CORE) VS カーロス“セリンゲロ”キムラ(IMPACTO BJJ)

第12試合アダルト黒帯68kg契約
福丸智(水戸道場) VS  加古拓渡(GSB)

第13試合アダルト黒帯メジオ級
タカ先輩(小金井柔術クラブ/PGN東大和) VS  伊東元喜(柔専館)

第14試合アダルト黒帯メジオ級
大内 敬(パラエストラ小岩&綾瀬) VS 光岡祥之(藤田柔術 平田道場)

第15試合マスター黒帯アブソルート級
上村彰(パラエストラ東京) VS  新川武志(吹田柔術)

第16試合アダルト黒帯レーヴィ級
杉江“アマゾン”大輔(SAD) VS 岩崎正寛(CARPE DIEM)

他にもブラジルブログ、柔術新聞などで注目される加古拓渡選手&世羅智茂選手や、UFCファイター手塚基伸選手も参戦。大注目のプロ柔術『MATSURI~第5戦~原点回帰』は、チケットも残り少ないそうなのでお早めに!

開催日時:2013年10月20日(日) 13:30開場 / 14:00試合開始
場所:大阪 世界館
〒552-0001大阪府大阪市港区波除6-5-15
JRは弁天町駅北改札口から徒歩約7分
地下鉄は弁天町駅西改札口から徒歩約8分
チケット販売価格:3500円

※チケット窓口はMATSURI実行委員会 GROUND CORE 090-9056-4707(森本)まで!

(写真提供:MATSURI実行委員会)
※前回大会の様子は以下動画で分かります!


北の大地でプロ柔術マッチが実現!BATTLE MIX 8 西林浩平(リバーサルジム新宿Me,We)VS村田良蔵(ギムナシオン札幌)


北海道在住の選手を中心に、修斗、キックボクシング、ブラジリアン柔術など格闘技試合を文字通り“MIX”したプロ興行「BATTLE MIX」。10月6日(土)札幌マルスジムにて行われた第8回大会では、西林浩平(リバーサルジム新宿Me,We)VS村田良蔵(ギムナシオン札幌)というプロ柔術マッチが実現! 西林選手と言えば紫帯・茶帯で全日本ブラジリアン柔術選手権王者で、ADCCアジア予選BEST4など着て良し、脱いで良しの強豪寝業師。対する村田選手もアブダビWPJJ日本予選でチャールズ・ガスパー選手を破り優勝するなど、日本のトップ柔術家の一人でも言っても過言ではありません。試合は70kg契約 5分1本勝負で行われました。

 茶帯時代にも対戦経験のある両者。互いに手の内を知り尽くすだけに、試合は自然に村田選手が引き込む展開からスタートします。村田選手は得意のスパイダーとクローズドガードでコントロールしながら、ヒップスロー、ギロチン、十字絞めを狙うも、西林選手は落ち着いて対処。

 西林選手も立りあがり、足を振ってのパスや担ぎで攻めるも、村田選手もしっかりガードしてパスさせず。

5分間お互いに攻め合い、ポイントなしルールだったため時間切れドロー! 決着は次回持ち越しとなりました。

試合後の二人、村田選手は青木真也選手の新作『跳関十段』Tシャツ。西林選手は地元の人気番組『ブギウギ専務』のTシャツでアピール。
(写真提供:西林浩平選手)